夢を叶えるために必要なもの

ファイナンシャルプランナーという資格

お客さんの人生を一緒に考えるのが、ファイナンシャルプランナーの仕事です。 不動産業界でも、住宅を購入するお客さんの相談相手としてファイナンシャルプランナーが活躍しています。 生活スタイルにふさわしい物件を紹介したり、お金の使い方を教えてください。

不動産投資をしている人からの質問

マンションを使って、不動産投資を行う人が増えています。 初心者はわからないことがあると、不動産会社に聞きに来ることが多いです。 その時に対応するのが、マンション管理士になります。 こちらも資格があるので、不動産業界で働くなら入手することをおすすめします。

資格を持っていることのメリット

資格を入手するのは、難しいことだと思っている人が見られます。 しかし、最初から諦めないでください。 不動産のことを基本から学べば、資格を入手するだけに必要な知識を覚えられます。 就職が有利になるよう、資格を獲得してから働き先を探すと良いでしょう。

たくさん勉強すれば大丈夫

これから不動産業界で活躍するのであれば、おすすめの資格は宅地建物取引士です。
この資格があると、不動産に関してかなり詳しい知識を持っていることを証明できます。
不動産会社では、宅地建物取引士を常に募集していることが多いです。
それは、不動産会社の数に対して宅地建物取引士の数が圧倒的に少ないからです。
宅地建物取引士の資格を持っていれば、優先的に採用してくれるので就職先がすぐに見つかるでしょう。

ほかには、ファイナンシャルプランナーの資格もあれば、この業界で役立ちます。
生活の状況や希望を聞いた上でお客様に合わせた、おすすめの物件を紹介する仕事になります。
よく話を聞いて、ピッタリの物件をすすめてください。
適当に高額な物件ばかり紹介していると、評判が悪くなってしまいます。
またお金の使い方についても説明します。
ローンの仕組みや利用方法などを質問されても良いように、勉強しておきましょう。

マンション管理士という資格もあります。
名前の通り、マンションの管理方法を詳しく知っている人のみが入手できる資格になります。
不動産会社に、マンションの管理方法を尋ねに来る人も見られます。
最近は不動産投資を行う人も多いので、質問する人も増えています。
そんな人の質問に答えるのが、マンション管理士になります。
不動産会社は、マンション管理士を1人は用意する傾向が見られるので就職先を探しやすいでしょう。
質問されたら、わかりやすく応えてください。