夢を叶えるために必要なもの

>

資格を持っていることのメリット

この記事をシェアする

日頃から勉強しておく

土地や、建物の仕組みをしっかり覚えてください。
これがわからないと、宅地建物取引士の資格を入手できません。
他にも住宅を建設する時に関わる法律や、住宅を所有したことで発生する税金のことも知る必要があります。
最も基本的な知識だと言われるので、不動産業界に就職したいけれど、どの資格を入手すれば良いのかわからない人は宅地建物取引士を選択してください。

資格を持っている人といない人が就職を希望した場合、大抵は資格を持っている人を採用します、
全く知識を持っていない人を採用しても仕事を任せられないので、どこの会社も雇ってくれないでしょう。
宅地建物取引士の資格があるとアピールすれば、それだけで安心感を持たせられます。

なぜ有利になると言われるのか

不動産会社を経営する際は、5人に1人の割合で宅地建物取引士の資格を持っている人を採用しなければいけないと決まっています。
ですから規模の大きい不動産会社ほど、宅地建物取引士を求めています。
求人を探すと、たくさん希望に一致するところが見つかるでしょう。
さらに宅地建物取引士になると、できる仕事が増えます。
物件に関する説明や、説明書や契約書にサインをしたりハンコを押したりすることもできます。

経験を重ねることで、キャリアが上がります。
資格を持っていないとできる仕事が少ないので、ずっと低いキャリアのままになってしまいます。
ずっと働いているのに、低い給料のままでは嫌でしょう。
キャリアアップして、給料を上げてください。